当ブログ掲載写真は、商業用途見本写真です。他にも多数撮影しており、ご希望・用途等をお知らせ頂ければ、別途見本写真をご覧頂けます。 販売作品やCM等でのストックフォト(写真貸し出し)料金表使用規定ご利用をどうぞ!
  写真記事無断転載厳禁・詳細は【著作権について】をご参照下さい。
オリジナルプリント作品・好評受注販売中

波照間島「ニシハマの珊瑚」2016年08月29日 06時57分33秒

ニシハマの珊瑚/写真転載厳禁・プロ写真家なわたよりのぶ
 掲載写真「ニシハマの珊瑚」は、2016年6月26日10:13、波照間島滞在5泊6日の間、平均海面水位よりも上位(満潮時)前後を目安に遊泳すると、 珊瑚を損傷する事無く、シュノーケリングによる水中撮影した作品です。この様に、珊瑚が群生している環境が、波照間島には今も残っている。
※干潮時に珊瑚を損傷しない様に要注意!
参照リンク:波照間島の潮汐表  詳細は、『沖縄県・波照間島(ニシハマ・日本最南端の碑・高那崎)|プロ写真家・縄田頼信公式サイト』をご覧ください。

ニシハマ第一ドロップオフの珊瑚2016年08月28日 05時27分45秒

ニシハマ第一ドロップオフの珊瑚/写真転載厳禁・プロ写真家なわたよりのぶ
 掲載写真「ニシハマ第一ドロップオフの珊瑚」は、2016年6月26日10:13、波照間島滞在5泊6日の間、ニシハマ沖数百メートルにて、シュノーケリングによる水中撮影した作品です。この様に、多種多様な珊瑚が群生している環境が、波照間島には今も残っている。
※但し、安全ベストやフィンは必須!
 詳細は、『沖縄県・波照間島(ニシハマ・日本最南端の碑・高那崎)|プロ写真家・縄田頼信公式サイト』をご覧ください。

波照間島「ニシハマの緑葉状珊瑚」2016年08月27日 05時15分45秒

ニシハマの緑葉状珊瑚/写真転載厳禁・プロ写真家なわたよりのぶ
 掲載写真「ニシハマの緑葉状珊瑚」は、2016年6月26日9:49、波照間島滞在5泊6日の間、ニシハマ沖右テトラポッド周辺にて、シュノーケリングによる水中撮影した作品です。この緑葉状珊瑚が群生している環境が、波照間島には今も残っている。
※但し、安全ベストやフィンは必須!
 詳細は、『沖縄県・波照間島(ニシハマ・日本最南端の碑・高那崎)|プロ写真家・縄田頼信公式サイト』をご覧ください。

波照間島「ニシハマの青い枝珊瑚」2016年08月26日 05時38分11秒

ニシハマの青い枝珊瑚/写真転載厳禁・プロ写真家なわたよりのぶ
 掲載写真「ニシハマの青い枝珊瑚」は、2016年6月29日13:55、波照間島滞在5泊6日の間、毎日ポイントを変えてニシハマ沖を、シュノーケリングにて水中撮影した作品です。
※但し、安全ベストやフィンは必須!
 詳細は、『沖縄県・波照間島(ニシハマ・日本最南端の碑・高那崎)|プロ写真家・縄田頼信公式サイト』をご覧ください。

波照間島「ニシハマのツマリテングハギ」2016年08月25日 06時33分38秒

ニシハマのツマリテングハギ/写真転載厳禁・プロ写真家なわたよりのぶ
 掲載写真「ニシハマのツマリテングハギ」は、2016年6月27日13:58、シュノーケリングにて、波照間島ニシハマ沖合から海岸へ戻る途中、目前を横切る魚の群れを、水中撮影した作品です。

 詳細は、『沖縄県・波照間島(ニシハマ・日本最南端の碑・高那崎)|プロ写真家・縄田頼信公式サイト』をご覧ください。



当ブログに掲載されているあらゆる内容の無断転載・転用を禁止します。
全ての内容は、日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright Ⓒ2005-2016 Yorinobu Nawata Professional Photographer Office and HOUSENDO all rights reserved. Never reproduce or republish without written permission. 北海道ポストカード写真集“北海道に恋して”発行元「宝泉堂®」は登録商標です。